和の伝統美をまとう!雅やかな和婚ブーム到来


古臭さはなくなってきている

日本古来の伝統的なスタイルで挙式を行うのが神前式です。伝統かつ格調の高さで注目を集めており、以前は親族のみの参列でしたが、友人も列席できる神社が増えてきたことから人気のスタイルになってきています。白無垢以外にも色打掛や引き振袖で挙式に臨むことができ、世界に誇る衣装を身にまとえることも和婚ブームを後押ししています。また、両家のつながりを重視する神前式のため、両親や祖父母が挙式した神社を選ぶカップルも多いんですよ。神社だと披露宴が心配という人もいますが、神社提携の式場やレストランもあるので安心して準備をすすめられるでしょう。

伝統プラスアルファの魅力

日本古来の伝統的なスタイルといっても、神前式での演出は新たな魅力がいっぱい溢れていますよ。たとえば、縁起のいい折り鶴でフラワーシャワーのような演出も可能です。鶴は夫婦で一生連れ添うハッピーモチーフですので、その折り鶴でゲストに祝福してもらいましょう。使用不可の会場もありますが、近年、若い神主さんなども増えてきているので、伝統を大事にしつつも新たな試みに賛同してくれるような神社も多くなっています。そして、神社から披露宴会場までは、人力車に乗って移動すれば、町の人や観光客などからも祝福され思い出深いひとときになるでしょう。加えて、厳かな儀式中は撮影の許可が下りないこともあるので、儀式が終わった後に朱傘をさして緑豊かな庭園を歩きながら、参列者にお披露目を行えば、最高のシャッターチャンスを演出することもできますよ。

京都の結婚式場なら絶景を一望できる所が一押しです。京都は歴史ある名所やパワースポットで有名な場所が多いのが理由です。